ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

オーラルヒストリー

2002年10月07日 【コラム

 アポロ計画について書くにあたり、宇宙飛行士ジーン・サーナンの回想録に目を通した。この書籍はどう成立したかと想像し、オーラル・ヒストリーに思いをめぐらす。政策研究大学院大学の御厨(みくりや)貴教授は、オーラルヒストリーをリンカーンの言葉をもじって「公人の、専門家による、万人のための口述記録」と定義している。一般の回想録が本人の視点からのみ描かれるのに対し、オーラル・ヒストリーは聞き手との共同作業であるところに特徴がある。
 オーラルヒストリー成立のためには、語り手に歴史として残そうという意志が必要になる。日本では沈黙を金とし、すべて墓場までもっていくことを美徳とする風潮もあり、必ずしも確立されているとはいえない。その点、英国の政治家は回顧録を書いてようやく職務を終えるともされるとか。そうと知って『サッチャー回顧録』を読み返すと、なるほど、貴重な歴史資料であると認識を新たにする。
 つい先日も、英国保守党の女性議員が回想録でメージャー前首相との不倫を告白し、話題を呼んでいた。スキャンダラスな話題も、歴史証言ととらえるなら意味深く思えないでもない。それでふと米国の前大統領を思い出し、調べてみるとフーバー大統領以降、米国の大統領経験者は大統領図書館を設置して資料を残すことになっている。やはり歴史を記録することへの責務があるわけである。
 ちなみに、オーラルヒストリーに欠かせないインタヴュー技法は、1859年に発明されたとされる。同年8月に発表されたニューヨーク・トリビューン編集長ホラス・グリーリーによる、モルモン教指導者ブリガム・ヤングに対してのものが、いまに続く形式を生んだ。そこで、この世界初のインタヴューを含むインタヴュー集を手にとる。マルクスやピカソ、アル・カポネにスターリン。書籍の中から、彼らの肉声が立ち上るようで、一瞬めまいを覚えた。インタヴュアーとの切り結びが文字になったことが生む、独特のリアリズム。語りの力を、あらためて思う。


3 comments to...
“オーラルヒストリー”
Avatar
小橋昭彦

まず「オーラルヒストリー政策研究プロジェクト」と書籍『オーラル・ヒストリー』をどうぞ。リンク集「歴史資料>オーラル・サウンド」も有益。日本でのオーラル・ヒストリーを刊行した書籍としては『情と理?後藤田正晴回顧録(上)』『情と理?後藤田正晴回顧録(下)』『渡辺恒雄回顧録』など。コラム中で触れた『サッチャー回顧録』はすでに刊行されていないようですが、インタヴュー集は『インタヴューズ〈1〉マルクスからヒトラーまで』『インタヴューズ〈2〉スターリンからジョン・レノンまで』として出ています。また、大統領図書館については、「Presidential Libraries」をご覧ください。


Avatar
小西 修三

インタビュー技法について(ホラス・グリーリーによる)、どのような、技法を用いられてのか、もう少し
詳しく教えて下さい。(技法についての、文献か何か
ありますか)


Avatar
小橋昭彦

小西さん、小橋です。

すみません、コラムでの意味は、「インタビューという(大きなくくりの意味での)技法」というつもりの表現でした。「インタヴューが発明された」と書いてもよかったのですが、すわりが悪かったので「技法」をつけました。誤解を生んでごめんなさい。

なお、オーラルヒストリーにおける、インタビューするにあたっての技法については、前掲著『オーラル・ヒストリー』にメソッドとしてまとめた章があります。

その他、インタビューにあたっての心得を述べる書籍はそれなりにありそうですが、紹介できるほど詳しくありません。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 次男が生まれ、4歳になったばかりの長男が顔を覗き込んで「おしめですかあ」と尋ねたり、それなりにお兄ちゃんぶっている。ふだんから高い子どもの声が、いっそう高くなるのがおかしい。母親の真似をしているのか、自然と口にするものなのか。 赤ちゃんに対するこうした語りかけを育児語と呼ぶ。名づけたのはアメリカのチャールズ・ファーガソン。母親の言葉だから、ジャパニーズならぬマザーリーズ。マンマ、でちゅか、といった幼児語とは区別され、声の調子が高くなること、抑揚が誇張されることに特徴がある。 母親が赤ちゃんに語りかけるとき、1回目より2回目、2回目より3回目と声の周波数は高くなる。聴覚の感度は、地声より高い帯域がよく聞こえるものなので、注意をひきつけようと高くなるのは理にかなっている。京都大学霊長類研究所の正高信男助教授によると、手話においても育児語的な現象があるそうで、耳の聞こえない乳幼児に対し、親は大きな身振りで手話を行う。赤ちゃんの側も、育児語や育児語風の手話を好む。 ちなみにサルの場合も、他のサルに声をかけるとき、1回目より2回目の方が周波数が高くなる傾向があるのだが、それ以上の回数については記録がない。そこまでしないのだ。3回、4回と繰り返して赤ちゃんと喜びを共有しようとするのは、人ならばこそ。 女子大生に幼児へ絵本を読んでもらった調査によると、育児語を使う人と使わない人がいた。育児語が自然に出るのは、年の近いきょうだいがいる人に多いという。このことから、きょうだいが少なくなった現代、育児語が身につかないまま母親になり、子がなつかないとストレスを感じる人が増えないか心配されてもいる。一方で、高齢者を介護するときまで育児語を使ってしまい、自尊心を傷つけているケースも指摘される。 父が手術をした。病室を出て12時間、無事すませて戻ってきた姿に、どんな調子で語りかけるか、頭をめぐらした昨夜だった。

前の記事

 新作が発表されると必ず手にする作家のひとりが、池澤夏樹氏。芥川賞を受賞した『スティル・ライフ』を読んだのが社会人になって1年目のこと。テーブルに置かれた水が入ったグラスを前に、チェレンコフ光を見ていると語るエピソードの透明感に魅かれた。そういえばあの年の冬、岐阜県にあるカミオカンデが大マゼラン星雲で起きた超新星爆発からのニュートリノを世界で初めてとらえたのだった。カミオカンデは、地下深くでチェレンコフ光を検出する装置。 カミオカンデ実験を推進した東京大学の小柴昌俊名誉教授がノーベル物理学賞を受賞したとニュースで知って、いまから15年前の、そんな懐かしい日のことを思い出していた。あの日以来、水の入ったグラスを見るたび、16万光年かなたの星雲を思い描く。そして、テーブルの上のグラスに宇宙とのつながりを幻視する作家の想像力に思いをはせ、それだけの想像力を自分は持てるかと自問する。 チェレンコフ効果が発見されたのは、1934年のこと。百科事典で1934年という年を調べてみると、中西悟堂が日本野鳥の会を創立したのがこの年とある。野鳥という言葉をつくり、探鳥会、今でいうバードウォッチングが行われた。当時鳥を飼うことがブームになっており、野鳥をかごに閉じ込めることへの疑問が動機になったという。 この瞬間も、ぼくたちは毎秒1000兆個以上のニュートリノを浴びている。ただ、素通りしているから気づかない。同じように、ぼくたちは多くの出来事に素通りしていないだろうか。少し立ち止まって見ると、新しい世界に出会えることが多いのに。 15年前、ぼくは『スティル・ライフ』に教えられたのだ。それは、心の中にカミオカンデを持つことの重要性といえるかもしれない。世の中の事象を素通りさせるのではなく、小さな出来事に反応し、光を感じる力を失わないでいることの。

次の記事