ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

穴考

2002年5月16日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 子どもと寄ったドーナツ店のトレイ敷に、ドーナツの穴の由来が書かれていた。いわく、米メイン州に住んでいたハンソン・グレゴリーという船乗りに起源があると。彼が子どもの頃、母親の揚げるドーナツの真ん中が生っぽいと文句を言ったことから、母親がドーナツの真ん中をくりぬいて作るようになったという。
 ドーナツをかじりながらそれを読んでいて、映画『マルコヴィッチの穴』じゃないけど、「穴」が新しい発見、新しい可能性をもたらすことって、これまでもいろいろあったんだろうな、と想像していたのだった。
 マカロニにも穴があるが、あれは乾燥させたり固ゆでしたりするのに便利なのと、ソースがからみやすいためだという。残念ながら起源はわからない。なにせスパゲティより古く、数百年以上の歴史がある。
 ゴルフボールのディンプルはどうだろう。空気抵抗を減らして飛距離を伸ばすことが知られている。物資が少なかった時代、使い込んで傷ついたボールの方がよく飛ぶので、新品にもわざと傷をつけて発売するようになったのが起源という。
 まて、そもそも人間のことを、口から排泄口まで続く穴だと言った人がいなかったか。それは極端にしても、壁と屋根に覆われた空間、つまりは穴に暮らすことを習慣としているとはいえそうだ。蛇口やガス管、コンセントの形状を思えば、ぼくたちは穴のおかげで生活できている気もする。
 ことわざに、人を呪わば穴二つとある。あの穴は墓穴だという。呪いを受けて死んだものが入る穴ひとつ、呪ったもの自身が入る穴ひとつ。いやまったく、人を呪うものではない。
 重力井戸という表現がある。重力がものをひきよせる穴とすれば、ぼくたちは地球という穴の底に住んでいる。同じ穴のむじなということか。
 お父さん、行こうよ。子どもの声が思考を中断、ドーナツ穴をあとにする。子どもとのんびりできる、穴場だったかもしれない。見上げた空は広く、青い。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

6 comments to...
“穴考”
Avatar
小橋昭彦

今回はもともとは没ネタにしかけていたドーナツ穴を復活させてコラムとしました。ということで、その他の没ネタ。靴下のワンポイント刺繍の起源はふくらはぎ部分に丸みをもたせるための当て布(日経4月12日)。カタカナの発想、朝鮮伝来(日経4月3日)? ドアハンドルはレバー、ノブ、サムラッチ、プッシュの4種に大別(神戸3月12日)。公園の父ゲーテ(日経3月6日)。スケートがすべるのがなぜか、いまだ結論出ず(神戸2月24日)。皮膚細胞が免疫細胞に変身(朝日5月2日)。ジャガイモを増やす制御物質発見(神戸4月18日)。


Avatar
相良無意味

大学時代、生物学の講義で、環境学専門の先生が、生物を簡略化すると筒になるとか言っていました。つまり、胃や腸の中身はその生物そのものではなく、環境だということです。
(生物学の)環境学においては、人間が「口から排泄口まで続く穴」だというのはごく当たり前の話のようです。

……まあ、うろ覚えなんですが(汗


Avatar
Yuki

私も,高校のときの生物で、受精卵が細胞分裂していくうちに表面にくぼみが出来て,それがだんだん深くなり反対側へ抜けて消化管ができること,だからそれは体の中ではなく外であることを教わりました。口から入れた異物の毒性が経皮の場合より低いのも納得できますね。何しろ胃腸は外界なのですから。


Avatar
小橋昭彦

胃腸が外の世界という考え方はしたことがなく、新鮮でした。ありがとうございます!


Avatar
のりだー

小橋さん、こんにちは。今回のテーマは特に興味深かったです。
なんで人間って、穴を見つけるとそれの中に興味を抱いたり入りたくなったりするんでしょうね(僕だけ?)。なまじそこがすぐには分からないものだからなんでしょうか。
言ってみれば、チラリズムとおんなじことなのかしら?


Avatar
小橋昭彦

穴を探検したくなるココロ。うむ、なぜなのでしょうね。そういえば山道を歩いていても、もう帰ろうと思いつつ、とりあえず次の曲がりの向こうの風景を確認してから、ってもう少し進んでみたりしませんか? 探究心とでも言うか。そもそもそれを持っているのは人間だけ? だとすればなぜ? ほんと、気になりますね。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 ある雑誌に連載している原稿の下調べで馬油(ばあゆ)という言葉に出会う。調べてみると、名前の通り馬の油。もっともあぶら汗をしぼりとるわけじゃなく、脂肪を精製してつくる。1頭の馬からとれる脂肪はおよそ200キログラムとか。馬油は、シミ・ソバカスの防止など、肌の手入れに重宝される。一般名は馬脂で、馬油は登録商標。 商標を登録した古伝医道研究家の直江昶(とおる)さんは、ガマの油も馬油だったのではないか、と推測している。こちらは傷薬として用いられた軟膏剤だ。ヒキガエル類が目の後方の耳腺から分泌する乳白色の液がその正体。実際それが用いられてきたのか、あるいは馬油だったのか。 ガマ油の主成分は、ブフォトキシン。ステロイド化合物なども含み、服用すれば強心などの効能もある。一方で、かみついた犬が苦しむなど、毒性を持つ。カエルは多かれ少なかれこの種の毒を持っているから、手でつかんだあと目をこすったりしてはいけないという。これは知らなかった。このところアマガエルと仲良くしている息子に伝えなくては。 話がそれた。ガマ油だ。ここまで有名になった背景には、バナナのたたき売りと同じく、香具師(やし)の活躍がある。サアサアお立会い、ではじまるあれだ。筑波山の四六のガマといえば名産。口上にいわく、ガマの油をとるときは「四方へ鏡を立て、下に金網を敷き、中へガマを追い込む。」鏡に映った自分の姿を見て驚いたガマは「タラリタラーリとあぶら汗を垂らす」。なるほど、あぶら汗から作るイメージはこれで養われたものだったか。その後、肌を切って傷薬の効能を実演しようかの見せ場となる。 生まれたばかりの次男の肌荒れが目立つので小児科で相談した。処方箋を書きつつ、「ステロイドを含みますが、心配しなくていいです」と医師のひとこと。ガマ油、いまだ健在なりというところか。

前の記事

 人間は口から排泄口まで続く穴、という考え方についてコラムで触れたところ、実際のところ消化管は穴であり、外部が入り込んだものといえるとコメントをもらった。自分の中を、まるでトンネルが貫くように、外部が貫通しているという見方は新鮮だ。 調べてみると、なるほど、発生の初期段階で細胞分裂を繰り返すうちにくぼみができ、それが消化管になっていく。テニスボールを指でおして穴を開けていくイメージだ。最初のくぼみを原口というが、人間ではこちら側が肛門になる。もう一方の口の側は後にできる。だから、人間は後口動物。 後口があれば先口動物というのもいる。原口がそのまま口になる。たとえば昆虫。昆虫の発生過程を追っていくと、おもしろいことに、人間とは裏返し。口と肛門、つまりは頭と尻が反対になるだけじゃなく、背と腹も逆だ。神経は人間のように背の側じゃなく、腹の側。背に腹は変えられないとことわざに言うが、もし背と腹を変えてしまったら人じゃなく昆虫になるってわけか。 発生の初期段階で、頭と尻、あるいは背と腹の側がなぜ決まるか、というのは、いまも研究が続けられている重要なテーマ。躁鬱(そううつ)病の治療薬、リチウムを初期発生時に作用させると背側活性を持つことが知られている。 背と腹、どちらが大切かといえば一般には内臓が多くある腹側で、身を守ろうとするとき、人は背中を丸めて身を縮める。子どもを守るときも抱きかかえる。ところが欧米人の多くは子どもを背後にして危険に立ち向かうと指摘して、精神構造の違いを指摘する学者もある。 日本でも親の背を見て子は育つと言うではないかと思うが、岩波ことわざ辞典によれば、これは第二次大戦後、それもずいぶん経ってから生まれた表現だとか。日本ではやはり腹が優勢だったか。立ったり座ったり抱えたり割ったり探ったりくくったり、人とのつきあいに腹は欠かせない。

次の記事