ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

おねしょ

2002年2月06日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 4歳も間近になって、このところほとんどしないけれど、1年ほど前まで、子どもがおねしょをするたび、親が試されているような気になったものだ。シーツを洗ったり布団を干したりとあわただしい朝になる。といって、しかっても仕方ない。なんと声をかけるかに親の性格が表れるなんて考えた。
 昔はよく漫画で「世界地図を描いた」なんてたとえられて、ほほえましい風景でもあった記憶があるけれど、最近はどんな表現がされるのか。団地のベランダに干す布団は、世界地図ほどの雄大さもない気もする。
 ともあれ、おねしょ。膀胱の大きさと夜間に作られる尿量のバランスが悪いことが原因だけれど、幼児期は発展途上。心配することはない。ただ、幼児の専売特許というわけじゃなく、大人でもおねしょすることはある。
 香港の大学が、16歳から40歳の大人8500人に電話調査したところ、2%から3%の人が、おねしょ癖があると回答した。うち半数以上が週3回以上、4人に1人が毎夜悩まされているという。仕事上の悩みなどが誘発する可能性を、大学は指摘している。そういえば子どもの場合もクラス替えなどによってストレスが生じると、抗利尿ホルモンの分泌に影響が出て、ぐっしょり型の夜尿になることが多いと言われている。
 仮に香港での調査結果と同じ比率で、日本の大人もおねしょしているのだとしたら、全国で100万人以上の大人が悩んでいることになる。職への不安が高まっているなか、世界地図は増えているのだろうか。司馬遼太郎氏の描く『竜馬がゆく』では、坂本竜馬ははなたれ小僧で、おねしょもする人物として描かれている。世界的な視野で日本を変革した人物は、世界地図の名手でもあったか。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

4 comments to...
“おねしょ”
Avatar
小橋昭彦

香港の大学からのリリースは「Bedwetting in Adults in Hong Kong」を。おねしょについて「おねしょねっと」も参考になります。


Avatar
植岡一俶

私も経験ありますね。小学校(当時、国民学校でした)2、3年生の頃です。父が京都府下北部の舞鶴海軍工廠に徴用に採られて大阪から転宅した時から始まりました。大阪に比べて雪が多く寒い精か、暫く続きました。それに転校に伴うストレスも・・・・・。今となっては懐かしい思い出です。


Avatar
栗原悦子

私も小学校の低学年の頃、何回か「おねしょ」した記憶があります。母は私を叱ることはせず、もくもくと布団を干し、シーツを洗っていた姿を見て、「もう絶対におねしょしないぞ」と心に誓ったことを想い出しました。今と違って洗濯機もおねしょマットも有りませんでしたから。母に感謝_(._.)_


育児日記 ☆ 子供のおねしょ

おねしょといってもまだ子供は1歳でオムツです。しかしオムツからこぼれるほどおしっこをして布団が毎日べたべた(泣)子供は、私達夫婦の間にはさまれて布団で一緒…




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 抗生物質はバクテリアだけでなくウィルスも殺す。正解か誤りか。これが誤りと答えられた日本人は4人に1人もいないという。科学技術政策研究所の調査だ。同じ質問を米国人に問いかけた全米科学財団の調査では約半数の人が正解している。 全部で10問の質問を国際比較した結果、日本人は、科学の基礎知識に欠けている人が多いと指摘されている。米国でもっとも正答率が高かったのが「喫煙は肺ガンを引き起こす」で男女とも94%というのはお国柄かとも思うけれど、ここでは国別比較の話はさておき、米国の結果に見る男女差がおもしろい。 特に差が大きいのは、より基礎的な質問への回答。「地球が太陽の周りを回っているのか、太陽が地球の周りを回っているのか」には男性で84%、女性は68%の正答率。「光と音、どちらが速い」には男性90%、女性67%。その他の要因を除いてもこの差は残り、男女差としかとらえられないと研究者は指摘している。 そういえば『話を聞かない男、地図を読めない女』なんて本がベストセラーになってもいたけれど、脳とホルモンが男女差を作っているのかどうか。最近では、ノースウェスタン大学のデイナ・スモール教授の研究結果も目を引いた。これはチョコレートを喜んで食べているときと、飽きてまずいと感じ始めたときでは脳の別の場所が活発になっていることを発見したレポートなのだけど、ほかにも興味深い結果が出てきた。 男性がチョコレートを食べるのをやめたのは、おいしくないと感じ始めたからなのに対し、女性はお腹が膨れたからやめたという。確かに女性のほうが甘いものがすきかな、なんて納得しないでもない。こういう類型的な考え方こそ男性的で危なっかしいのではあるけれどね。

前の記事

 東京大学情報学環の佐々木正人教授らの編集による『アフォーダンスと行為』を読みつつ、行動について思いをめぐらす。アフォーダンスという言葉は、環境が動物に提供するもの、といった意味で、たとえばコーヒーカップの取っ手はぼくたちに持つことをアフォードしている、といったように表現する。 アフォーダンスは、物体そのものを分析しても見えてこない。コーヒーカップだって、状況によって持ち上げることをアフォードしたり飲むことをアフォードしたりするわけで、ぼくたちの行為と不可分だ。同様に、ぼくたちの行為もまた、環境と対話を繰り返しつつ完遂される。 思い出したのは科学技術振興事業団が開発した人工現実感による機能障害回復システムだった。機能障害を回復するとき、運動機能のリハビリテーションだけではなく、感覚機能と協調させると効果的だという。その感覚部分を、人工現実感で補うシステム。まさに、人間が環境とやりとりしつつ動いていることに着目したシステムだと思った。 闇の中で揺れ動く紐に触れて、どうしてその長さまでわかるのか。従来の考え方は、ある瞬間に受けた刺激が構成されることで、紐という認識に至るという理解だった。それでは、動きは認知にとってノイズになってしまう。紐の長さは、むしろ動かすことで把握できるのに。そこでこう考える。一連の変化する動きの中に持続する不変項があって、それが情報として処理され、認知につながるのだと。なんだか納得だ。 たたいただけで缶詰の品質を見分ける打検士という職業がある。缶詰の中で難しいのはカニ缶。習得に時間がかかるか、という問いに、打検歴36年のベテランが答えている。「習得までいかないよ、そんなぁ。それはやっぱり、奥が深いからさ。」 世界を知ることの、不思議さ、奥深さ、貴(とうと)さ。

次の記事