ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

力石

2001年12月06日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 いまでいえば重量挙げだろうか。オリンピック種目としてウェイトリフティングが登場したのは1896年の近代オリンピックの第1回アテネ大会以降だが、神に供物を捧げるという意味もあって、古代から力自慢は行われていた。階級により差があるものの、300キロ、400キロを持ち上げる人たちの力は、やはり超人というほかない。
 日本では力石の伝統が知られる。弁慶の力石のように伝説として伝わるものもあるけれど、より身近には実際に各地で集落の人たちが力くらべをした石が残る。四日市大学の高島愼助教授によると、北海道から沖縄まで、各地から2万個をこえる報告が寄せられているということで、実際にはその3倍の力石があると推測されるとか。
 力石の重さは、20から30貫前後のものが多い。ということは、少なくとも米俵一俵の重さである16貫(約60キロ)以上は持てなくてはいけないということ。力があることが仕事ができることにつながっていたから、力くらべには実用的な意味があったわけだ。力石を持てることが一人前の大人への通過儀礼だったり、力くらべの優勝者が村いちばんの美人を嫁にできたなんて話もあるらしい。
 消費者宅に米を届ける父を手伝って、玄関先まで米袋を運ぶことをときにする。夏はそれだけで一汗。といっても一袋の重さはわずか10キロ。なんだかひ弱になったものだ。米袋の重さをちょっと超えた子どもを抱きつつ、力石の前で顔を赤らめるほかない。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

One comment to...
“力石”
Avatar
小橋昭彦

高島教授の「全国の力石研究」をご参考に。重量挙げについては「鉄挙げの基本」がよくまとまっています。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 虫めづる姫君という『堤中納言物語』所収の話。蝶よりも毛虫が好きで、かたつむりを集めたり童(わらわ)に虫にちなむ名前をつけたり。読んだことはなくても、虫愛ずるというフレーズを覚えている人は多いかもしれない。日本人は、虫を愛する性質を持っているようだから。 腹の虫、かんの虫、虫の知らせに虫の居どころ。虫を用いた言葉も多い。それで、そもそもそれはどんな虫なのか、という疑問が生じる。確かではないが、かつては回虫も多かったわけで、ときどきお尻から顔を出しても、そんなものくらいに受けとっていたらしい。腹の虫がいるっていうのは、リアルな実感を伴っていたようだ。 中国の道教に由来する虫もあって、これを三尸(さんし)の虫という。60日に1度の庚申(こうしん)の夜、寝ている間に体から抜け出して、天帝にその人の悪行を告げるとされていた。罪が500条に達すると死が決まるといわれ、だから庚申の夜は虫が出ないよう、みんな寝ずに過ごす「庚申待ち」の風習が広まった。三尸の虫は江戸時代になって、体中に九つの虫がいて病気を起こしたり感情を呼び起こすとされるようになる。とすると、これが腹の虫の正体か。 現代の衛生志向は虫を徹底的に排除するようになった。虫の居どころが悪くなって人びとがすぐ腹を立てるようになった、というと言葉遊びだが、ふと、虫愛ずる姫君の主張を思い出す。蝶や花を愛すなんて、うわべだけのはかなさ。毛虫は醜く見えてもその内に蝶になる可能性を秘めている。その本地(ほんじ)、つまり本性を愛することこそ貴いと。 姫君、あなたの言葉を、心に刻みます。

前の記事

 浄土宗総合研究所が布教支援システムを開発したと新聞にあった。全国約3300の市区町村が対象で、住民数や増加率、25年後の予測人口、寺院数などをもとに、それぞれの地域での布教の「有望度」を点数化する仕組み。 よく知られているように、いま日本における各種の宗教団体の信者数を合計すると2億人を超え、日本の人口を上回る。神か仏かと二者択一する民族でもないのである程度は納得できるが、神道系だけで1億人にのぼるから、あるいは初詣に来ただけの人も信者と数えているのかもしれない。 総務省発表の宗教統計調査によれば、浄土宗の信者数はおよそ600万人、寺院は約7000あって教師つまり僧侶の数は1万人弱という。僧侶ひとりあたり600人あまりの信者を抱えている計算。檀家型であることを考えると、世帯数にすればほぼ常識的な範囲といえるだろうか。 くだんの布教支援システム、計算したところ、もっとも点数が高かったのは北海道南幌町、2位が神戸市西区だったとか。システムの支援で、高齢者が多いところは法要などの需要、若い世代が多いところは心のケアなどと、地域のニーズを把握するのにも役立つ。開発を担当した研究員の言葉によれば、こうした手法はコンビニの新規出店の際と同じ手法だという。 そういえば、地元のおしょさんはお寺の書籍を文庫として解放していて、学校が終わると子どもたちがこぞって借りに寄っていたものだった。システムにしろおしょさんの努力にせよ、住民の視点にたった一歩って、たいせつなこと。ま、お寺さんに参って「いらっしゃいませ、こんにちわ」とやられるととまどっちゃうけれどね。

次の記事