ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

人生ゲーム

2001年10月09日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 関連シリーズも含めて日本でもこれまで1000万個売れているという人生ゲーム。日本での発売は1968年。似たようなゲームにすごろくがあったものの、地形が立体的に表されたボードやサイコロじゃなくルーレットを回すところ、おもちゃのドル札をやりとりするところなど、ずいぶん新鮮だった。
 米国での発売は1960年で、ミルトン・ブラッドレー社から。この会社、マサチューセッツ州で印刷業を営んでいたミルトン・ブラッドレーが、彼が考案したゲーム「The Checkered Game of Life」のヒットを契機に設立したもの。「The Game of Life」は、その発売から100周年を記念して作られたものだった。
 1860年のゲームは、名前の通りチェッカーボード上に人生に起こるさまざまな出来事を記している。「善行のマス」と「悪行のマス」があって、善行を積んでいけばより多くポイントを稼げる。聖書の教えに従って悪行を戒め善行を奨励する、敬虔なピューリタンだった彼ならではの内容だった。
 100年後の人生ゲームは、黄金の60年代らしく、「牧場のあとつぎになる」「高級車ロールスロイスを買う」などのコピーが並ぶ。日本版でも直訳されて出ているから、懐かしさを感じる人もいることだろう。
 日本オリジナルのコピーが登場するのは1983年からで、「お世話になった人達にお歳暮をおくる」などが入るとともに、「デザイナー」などカタカナ職業が登場。通算4代目となる1990年発売版では「パソコン通信を始める」が登場したりもしている。
 ちなみにミルトン・ブラッドレーだけど、最初はリンカーンの肖像画販売で儲けていたという。ちょうどリンカーンが大統領選挙に出たころ。もっともあごひげがなかったので、その後彼があごひげを蓄えたことがわかって、急激に人気を失ったのだとか。それにめげずに発売したのが「The Checkered Game of Life」だったわけ。失敗にめげず再挑戦する、彼自身が人生のなんたるかを教えてくれている。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

2 comments to...
“人生ゲーム”
Avatar
小橋昭彦

人生ゲームについてはオフィシャルサイト「人生ゲーム」が詳しいです。Milton Bradleyは今、「Hasbro」となっています。


Avatar
けんじ

なぜかキャンプ仲間の間で人生ゲームがブームです。数年前に新潟へキャンプに行って以来、暇があるとキャンプ場で人生ゲームをやってます。
昼間から大の大人数人が大型テントの中でわめきながら人生ゲームをやってる姿は人生の悲哀を感じさせるそうで、結構いやがられてるんですがやめられません。・・・変、ですよねぇ。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 きのう香りについてのコラムを書きつつ、嗅覚でうけとる信号といえばフェロモンもそうだったな、と思い出す。 フェロモンのはたらきについては、ファーブルの『昆虫記』にも登場している。ガの雄が遠くから雌にひかれて集まる現象。もっともそれが雌の分泌する信号によると実証されたのは1959年のことで、フェロモンという名前が付けられたのも同年のこと。 ガの雌が放出するフェロモンはボンビコールと呼ばれているけれど、なんと数キロも離れたところにいる雄を引き寄せるそうで。空気1ミリリットルあたりわずか200分子の濃度で顕著なはたらきがみとめられるというから、さもありなん。 昆虫だけではない、雌犬だって一キロ離れたところにいる雄犬を興奮させるというから、哺乳類にもフェロモンはある。そうなると人間はどうか気になるところだけれど、人間にもフェロモンがあることはわかっている。女性にみられるドミトリー(寮)効果がその事例。同室に住む女性の月経周期が重なるという現象だ。 じゃあ男性をひきつける効果のほどはとなると、まだよくわかっていない。フェロモンにはなにも性フェロモンだけではなく、危険を仲間に知らせる警報フェロモンやアリがもっているような道しるべフェロモンなどもある。そんなのも人間にあるとよさそうだけれども。 ともあれ、清潔に気をとられるあまり身体を洗いすぎてはフェロモン効果も薄れる。さいきん異性が寄ってこないななんて人は、振り返ってみるといいかもしれない。いや、だからって一週間風呂に入るなということじゃなく。

前の記事

 左ヒラメ右カレイ。ヒラメやカレイは両眼が頭の右側もしくは左側に寄っていることで知られている。もっとも、彼らとて生まれたときからそうなのではなく、孵化してから水中に浮遊している間は両側に一個ずつついていて、左右対称になっている。その後どちらかの眼が移動して一方に集まるとともに、海底を泳ぐようになる。 これは人間の胎児がえらや尾を持つことと同じく、進化の過程をたどる「再演性変態」と呼ばれる現象。もっとも、眼の移動方法は種類によって違うという。 ヒラメやカレイは頭の上を回って片側に寄ってくるけれど、ダルマガレイ類などでは頭に特別のスリットが開いて、そこをすり抜けて移動してくる。さらには頭を貫通してくるように見える種類もある。 眼が動くなんて不思議だなあと感じもするが、よく考えれば、おたまじゃくしがカエルになったり、青虫が蝶になったり、自然界には信じられないほどの変態がいっぱいある。子どもとおたまじゃくしを見て、「あれがカエルになるんだ」なんて説明しつつ、果たして信じてもらえるのかと疑問に思うこともある。いや、きっとそのまま信じて、おとーさんも寝ている間に何かに変身するのかと想像していたりするのだろうか。 人工物は朽ちるばかりだけど、いやはや、自然の創造物はやはり楽しい。

次の記事