ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

したばき

2001年7月24日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 昨日のテーマが「上履き」で今日が「したばき」。ねらったわけじゃないけど、いや、まあちょっとは狙ったとしても、下履きならぬ、下穿の話。
 ローライズパンツを履いていると、どうしたって浅いまた上から下着がのぞきそうになる。だったら見せることを前提にした下着を、というのが若い女性の工夫。男の子がトランクスを見せているのには閉口したものだけれど、こちらはさて。
 下着を見せる流行は現代に限った話ではない。フランス革命当時のフランスでは、イギリスから伝わってきた「ストリップ・モード」なるものが流行したという。コルセットもパニエも捨て、いかに薄く着るかを競ったもの。婦人服の全重量は靴や装飾品を入れても約230グラム以下でなんてルールがあったほどだから筋金入りだ。いや、ガーゼのヴェールだけをまとってパリのティルリーの庭を散歩した銀行家夫人もいたというから、筋金を入れる余裕さえないわけだけど。
 ちなみにそれより以前、17世紀のフランスでは、下着はたいそう重いものだった。なにせ金銀のレースをつけるなどぞんぶんに装飾されている。洗濯が気になるところだけれど、水で洗うことは健康に良くないと考えられてもおり、概して不潔だった。美しくても清くはなかったわけだ。
 洗わないといえば、スペインのイサベラ女王の伝説も残る。1601年に夫が闘いをはじめたとき、成功するまでは下着を替えないと神に誓ったという。けっきょく闘いが終了したのは1604年。そのとき下着がどうなっていたかは、あえて想像しない。
 ついでに相撲のまわしも洗わないけど、水入りにならないよう縁起をかついでとも、十両以上のまわしは絹でできていて高価だからともいう。
 とまれ下着は、衛生面、機能面とともに、美的な面もかねそなえつつ発展してきた。ローライズからのぞく下着も、なにかを主張してはいるのだろう。ま、なにを主張しているかくみとろうとじっくり見ることだけはしないでおく。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

4 comments to...
“したばき”
Avatar
小橋昭彦

じつは今年1月にも「下着」についてはコラムにしています。今回はとくに『下着の文化史』に多くを学びました。それから、力士のふんどしについては、「不思議の国のヒロコ」がおすすめ。また、ABCの「孫の手お調べ隊がいくバックナンバー」3月12日分もご参考に。


Avatar
ジュモン

テレビCMで、大変きれいな色調と花柄プリントのブラ
&ショーツの女性を見ながら、22歳の娘に言いまし
た。

 父「お前達おんなはいいよなあ。可愛いのや奇麗な   
   のや、、、いろいろ選べて」
 
 娘「買ってくれたら着て見せてあげるよ」

買うのだったら別のひとに。
見せてもらうならそのひとに・・・の言葉は飲み込み
ました。


Avatar
ちー

スペインのイサベラ女王の話で、高校時代を思い出しました。1年生の時に日本史と世界史を学び、2年生からはどちらかを選択・・・、となっていたのですが、世界史の先生がいろんな歴史の裏話をしてくれるのが面白く、世界史を選びました。スペインのイサベラ女王の下着話や、中世ヨーロッパのお城のトイレ事情など、いろいろ聞かせていただきました。今回のコラムで、懐かしい記憶が甦りました。ありがとうございます。


Avatar
小橋昭彦

ちーさん、そんないきいきした授業をできる先生っていいですねえ。

そういえばこのコラムも、ときに授業で紹介したりしているという先生からのメールをいただいたりして、とても嬉しく思います。それがきっかけで、授業が好きになった生徒さんなどいらっしゃると、しあわせだなあ。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 あれはたしかベーブ・ルース伝を読んだときだったろうか。豪傑さを紹介するエピソードとして、寮に朝帰りした話が紹介されていた。見回りにばれないよう急いでベッドにもぐりこんだものの、靴をはいたままだったのでばれてしまった、というオチ。いくら急いでいるからってベッドまで靴で行くなんてと、ずいぶん不思議だった。まだ子ども、洋風家屋では室内も靴のままなんて知らなかった。 室内で靴を履くといえば、大学に入ったとき、靴のまま教室にあがることが高校までと違っていて新鮮だった。なんでも大学は、日本に導入された当初から外国人教師を招いたり、西洋式の校舎を建てたりして、欧米風を目指すという原則があったからという。 旧制中学、現在の高校も大学を真似ていたので、もとは上履きがなかった。その後小中学校式に変わっていくが、いまでも伝統校では上履きがないところが多いようだ。 一方、明治時代にはじまった初等教育は、はじめ寺などを使っていたため、玄関で靴を脱ぎ、夏は素足、冬は足袋や草履をはく習慣だったという。この習慣が、その後洋風の校舎が建てられたあとも引き継がれていく。そもそも雨の多い日本では、下足のまま校舎に上がると汚れてしまうという事情もあった。 最近ではゴム地の校庭が登場した関係で靴が汚れることも少なくなり、上履きをやめる学校も出てきている。ズック型の上履きは1910年代に登場したようだけれど、考えてみれば広大な下駄箱スペースというのも、上履き文化ゆえの校舎の特色ではあった。 上履きが消えて、下駄箱が消える。さて、とするとラブレターはどこに入れればいいのか。というオチも、そのうち通じなくなるのかなあ。

前の記事

 ずいぶんユニークな研究があったものだ。心理学者のチャールズ・ヒル教授らによるボストン・カップル研究、略してBCS。その名のとおり、ボストン地域の大学に通う2、3年生からカップル231組を選び出して継続調査。継続といっても25年にわたるからハンパじゃない。 1971年からはじまって、追跡調査は半年後、1年後、2年後、15年後、そして25年後に行われている。 2年後、カップル231組のうち、約半数の103組は別れていて、65組は恋人として継続中、9組が婚約、43組が結婚していた。あと1組は自動車事故で死亡。 15年後、調査対象者の4分の3は結婚していたけれど、そのうち当初の相手と結ばれていたのは73組。離婚せず続いていたのは50組だった。 25年後の調査はちょうど行われたばかりだけど、統計学的に長続きするコツを分析したところ、共通の目標、知的な交流、身体的魅力に極端な差がない、という3点が浮かびあがったという。美女と野獣っていうのは、なかなかうまくいかないらしい。 つきあいかたでは、大学時代に性的な関係を急がなかった男性のほうが、愛情を長く共有できる女性と知り合う傾向が強く、また、バーではじまった恋は長続きしないことも判明。なんだかそれぞれに納得できる指摘ではある。 生涯の伴侶と思えば慌てずじっくり交際を、ということらしいが、恋をしているときって、四半世紀先のことまでなかなか考えられないよね。ただこの瞬間の、相手のしぐさや言葉がすべてだったりもして。

次の記事