ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

記号の起源

2001年7月04日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 おとぎ話の起源をたどっていて、舌切雀伝説発祥の地として売り出している群馬県の磯部温泉が、温泉記号の起源であることを知る。1661年のこと、付近の農民の土地争いに決着をつけるために江戸幕府から出された評決文の添付図に、磯部温泉を記した温泉マークがふたつ描かれていたという。地図記号の中でも起源が古いもののひとつだろう。
 さらに古いといえば、寺院を表す卍(まんじ)だろうか。そのルーツは古代インドにさかのぼる。インドの神ビシュヌの胸にある旋毛が起源という説もあるけれど、実際にはさらに古いらしい。
 地図記号の多くは現物のものを抽象化し、わかりやすい工夫をされている。それでも、そろばんの玉の形をもとにした税務署や、火消しが使った「さすまた」を表している消防署、天秤計りの分銅の形の銀行などは、そのうち起源が忘れられていくかもしれない。
 地図記号に限らず、ぼくたちは長い歴史の中でさまざまな記号を創造し、伝えてきた。あるものは忘れられ、あるものは形を残す。遺跡に遺された絵や記号を見ては、それを描いた人について思いをめぐらす。そこに確かに、誰かに何かを伝えようとした人が、いたのだと。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

3 comments to...
“記号の起源”
Avatar
小橋昭彦

温泉記号については「温泉記号」を、地図記号については「道路地図の見方」がいいです。あと、コラムでは触れていませんが、最近出てきた記号といえば、やはり顔文字でしょうか。「顔文字のページ」をどうぞ。その発展として「絵文字」も。「電子コミュニティにおけるエモティコンの役割」も参考になります。


Avatar
harlly

 図面を使う事が仕事の基本である僕は、毎日記号にお世話になっている事になる。設計図の場合、図そのものや寸法よりも、材料記号や仕上げ記号、回路記号等、その他いろいろな情報を記号化して図面に記入する。
 現在はCAD・CAM化で図面を描く手間は従来より飛躍的に減少したけれど、記号を記入するのはやはり人間である。(記入自体はCAD化されてはいるが)
 さらに、その記号をCAMデータに変換しているけれど、設計の意図がはたして正確に伝達されるか、そこでCADシステムの評価が決まってくるようだ。


Avatar
dashi

初めて迷い込みましたが、世の中には知的好奇心のか
たまりみたいな人がいらっしゃるんですね!感動で
す。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 日本の五大昔話、あるいは五大お伽噺といえば、桃太郎、花咲爺、舌切雀、猿蟹合戦、かちかち山とされている。誰が定義したのかは調べがつかなかった。いずれも江戸時代から語り継がれてきた人気のある話だ。 なかでも桃太郎は、英雄譚としても楽しく、人気が高い。発祥の地として知られているのは岡山。もっとも、全国には桃太郎伝説の発祥地とされる地がニ十数カ所あって、伝わる話は、土地によって細部が少しずつ違う。 たとえば岡山の場合は、吉備津彦が鬼ノ城にこもった温羅(うら)という鬼を退治する話がもとになっている。「どんぶらこどんぶらこ」で始まるおなじみの話に近いのは愛知県犬山市の桃太郎。香川県高松市に残る桃太郎はおばあさんではなくきれいな娘が川で洗濯している。 どこがほんとうの発祥か、というより、日本全国にこうしていろいろな桃太郎が存在した、というのが楽しい。自分の子どもに桃太郎を語り伝える、彼にとっての桃太郎の発祥はここ、親子の間にある。それで充分だし、それこそが桃太郎のいのち。

前の記事

 タイの首都バンコクが、正式名称を観光資源にしようと計画中という記事に目がとまる。バンコクは西洋的な呼び名で、地元の人はもっぱらクルンテープと呼んでいる。しかしそれもまた略称。正式名称は、krungthep mahanakhon amorn rattanakosin mahintara yudthaya mahadilok pohp noparat rajathanee bureerom udomrajniwes mahasatarn amorn pimarn avaltarnsatit sakatattiya visanukram prasit。確かに長い。天使の町、偉大にして最高の、永遠かつ不屈、云々と賛辞が続く。 長い名前の前で観光客が写真を撮る光景はウェールズでも見られるから、看板を作って観光名所にというのもうなづける。ちなみにウェールズのそれは世界でいちばん長い駅名で、Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwyll – llantysiliogogogoch。 長いついでに日本でいちばん長い駅名はこれまで「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」とされていたけれど、新しく「ルイス・C.ティファニー庭園美術館前駅」が名乗りをあげた。港では「尼崎西宮芦屋港」とこちらはほどほど。インターチェンジでは「大分農業文化公園IC」だそうで、こちらは長すぎると運転中に読めなくなるからほどほどがいい。神社の名前なら「久麻加夫都阿良加志比古神社」。 最後はありきたりになるけれど、長い名前といえば触れざるを得ない、じゅげむ。そのオチは、寿限無とけんかしてこぶをつくった子が、母親にいいつけようと名前を告げるうちにこぶがひっこんでしまったというもので、めでたしめでたしだ。観光もいいけど、平和に役立つなら長い名前も大歓迎。せっかくだから、寿限無の名を呼びながら終わろうか。お経のリズムでどうぞ。 寿限無寿限無、五劫(ごこう)のすり切れ、海砂利水魚(かいじゃりすいぎょ)の水行末(すいぎょうまつ)、雲行末(うんぎょうまつ)、風来末(ふうらいまつ)、食う寝るところに住むところ、やぶら小路(こうじ)ぶら小路、パイポパイポ、パイポのシューリンガン、シューリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピーの、ポンポコナーの、長久命(ちようきゆうめい)の、長助。 苦しいこと、悲しいこと。寿限無寿限無にのせて、風に流す。

次の記事