ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

スロッシング

2005年9月22日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 コーヒーカップを、何気なく運んでいるとどうってことないのに、気をつけてゆっくり運ぼうとしたときに限ってこぼしてしまう。揺れをしずめようと手の動きをあわせると余計に波立ったりもして。皮肉なものとすませていたけれど、今あらためて、そうかあれはスロッシングかと、思い返している。
 スロッシングというのは、英語の原義どおり、水面がうねる現象を指している。言葉を知ったきっかけは、この2月に打ち上げられたアリアン5ロケットに積まれていた人工衛星「スロッシュサット・フリーボ」だ。一辺90センチの立方体という小さな衛星で、内部に33リットルあまりの水を積んでいる。微小重力環境における液体の動きを観測することが目的という。水に満ちた衛星というイメージにひかれて調べていて、スロッシングという言葉に出会った。
 微小重力下で水がどう波打つかを知ることは、火星に人を運ぶときの飲み水や、液体燃料を積んだ宇宙船の設計のためにも必要だろう。ただしスロッシングは、身近な生活にも関係している。たとえば自動車のガソリンタンク内のガソリンの揺れもそうだ。さいきんでは、十勝沖地震のときに起こった石油タンクの火災が、スロッシングが原因とされている。国内の石油タンクのスロッシング固有周期は7秒から11秒だそうで、地震による長周期地震動がこの周期に重なった場合、タンク内の液面は大きくうねる。その結果、浮屋根がはずれて原油が漏洩、揮発し可燃性ガスとなったところに、摩擦による火花が着火したというわけだ。
 スロッシングを知ったことでコーヒーを運ぶ手さばきが上手になったかというと、そうでもない。ただ、カップを手に水の衛星に思いをめぐらすひとときを持てるようにはなった。それはそれでぜいたくなことではないかと、危うくこぼれそうになった黒い液面を眺めつつひと息ついている。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

7 comments to...
“スロッシング”
Avatar
小橋昭彦

水衛星については「Enhanced Ariane 5 demonstrates heavy-lift capability」及び「Sloshsat FLEVO」をご参照ください。
スロッシングについては「微小重力環境における気液二相流」をご参考にどうぞ。地震との関連では、「2003年十勝沖地震の際の長周期地震動」「事故原因と対策」「失敗事例データベース」「長周期地震動」などが詳しいです。


Avatar
jyoumyaku

気付かないことをいつもお知らせいただき感謝します
今回の「スロッシング」も興味を持ちました、凡人にはつい見過ごすことを科学者は真摯に挑戦していることで老いてもナニクソッ ありがとうございます
若い頃はよく酔っ払ってタクシーや電車に乗るとムカついて(≧∇≦)


Avatar
塩田

初めてコメントさせていただきます。
小橋さんの日常の些細な出来事を掘り下げていく独自な視点にはいつも関心させられています。
そして、対象に対するやさしさが感じられる文章にほっと一息つけるような気がします。
毎週楽しみにしていますので、これからも魅力的な「雑学」を教えてください。


Avatar
伊藤健吾

私は少々ゴルフを嗜むのですが、今回のスロッシングの記事で冒頭に書いてあるように慎重にと考えれば考えるほど体に余計な力が入り、ミスを誘発することが多分にあります。
何気なくスイングできた時の方がナイスショットに繋がっているようです。
これもスロッシングなのでしょうか。とても参考になりました。


Avatar
もー

いつも興味深いお話ありがとうございます。
「揺らすまいとするとこぼれる」というのは、フィードバックが関係していそうですね。目で見て手で調節するという応答の位相が半分ずれる周波数とスロッシングの固有振動数が近いのでしょうね。つまり、こぼさないようにするには、応答の仕方を変えるか、フィードバックそのものを断ち切るか…というわけで、目をつぶるのも一つの方法だったりして。


Avatar
しゃあ

古い話です。射撃についてのメンタル部分でのハナシ。
ボク発効の100万円の小切手が あります。15メートル先の床の上に置いときます。
「この小切手を拾って来れば それは キミの物サ。」 この時 このハナシを聞いた方は こう思うでしょう。
「しゃあのヤツから 100万貰える」
条件を変えます。 床の上でなく 地上50メートルの絶壁から張り出した 飛込み板の先に 同じ小切手があるとすれば 考える事は 変わります。
「落ちたらどうしよう」
動きは ギコチナクなり 全く不自然です。悪循環が発生して思わぬ?結果になることもあるでしょう。
本来のなすべき行動は 変わっていません。
「小切手を拾って しゃあのヤツから100万貰う」です。
伊藤さんは ボクが何を 言いたいか もう既にお分かりと 思います。ゴルフも射撃も全く同様で 「正しいフォームで 正しくウテば 必ず正しい結果を生む」
 しかし まぁ そうはならない事が 世の常で そこがまた楽しいのでしょうネ。
 
 小橋さんの 仰る事とは道筋は異にしても 結論は似ていて「小さなコトでも 気が付くと人生ってヤツも 面白いカナ」と言う事で カンベンして下さい。


Avatar
tom

本文とは関係有りませんが、『固有』という言葉に大いに惹かれました。
最近は、相対的な価値観が幅を利かせているせいか、『本性』、『固有』とか言うのが憚られる状況が多々有るので・・。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

Expectations About Pain Can Affect Its Intensity, Research Shows :: Wake Forest University Baptist Medical Center
“We found that expectations have a surprisingly big effect on pain. Positive expectations produced about a 28 percent decrease in pain ratings ? equal to a shot of morphine,”

前の記事

PopSci ‘s Fourth Annual Brilliant 10 – Popular Science
Meet the extraordinary scientists whose innovations are bringing us robot cars, new cures and vaccines, the fastest-ever computer animations, and much, much more

次の記事