ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

水切り遊び

2003年6月26日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 宇宙船が大気圏に再突入する際に進入角度が重要と知って以来、水切り遊びをするたびそのことを思い出す。平らな石を拾って川岸からサイドスローで投げる、石は水面をぽーんぽーんとはね、向こう岸に向かっていく。波紋を残す水面に、写真で見た青い地球を重ねる。その瞬間、ぼくは宇宙人になって地球の上に浮かんでいる。
 もっともこれが宇宙船なら大事故で、大気圏への進入角度が浅く跳ねてしまったらもう手立てはない。かといって角度を深くしすぎると、減速が激しすぎる上、摩擦熱で燃える。現在のシャトルでは、機体表面の最高温度は摂氏1400度くらいが見込まれている。それ以上高い温度に耐える軽くて強い素材は技術上難しい。減速面では、重力の2倍(2G)程度。ジェットコースターには3Gや4Gなんてものも登場しているから、その点では宇宙飛行士も楽になった。
 さて、水切り遊び。ミニシアター発でヒットした映画『アメリ』の主人公も好きだったようだし、英語でskipping stoneという表現もあるから、世界で親しまれているのだろう。この遊びに、科学で切り込んだ学者がいる。フランスの物理学者リデリック・ボッケ。水切りを繰り返す条件を連立方程式を立てて計算したもので、石の初速だけではなく、回転率が成功の鍵になるという。いい回転を与えることで、水面にぶつかっても傾きにくくなり、縦になって沈まない。水切りの世界記録は38回。ボッケは、このとき石は時速50キロ以上で投げられ、毎秒14回転しつつ12メートルの距離を飛んだと推測している。
 宇宙船から物理学まで。単なる遊びとはいえ、奥が深い。ボッケが研究を行ったきっかけは7歳の息子の質問だとか。わが家でも明日の幼稚園の帰り道、水切り遊びをしてみるか。そんなことを思い、それからふと、自分が幼い頃水切りをした岸辺は、護岸されてもうないことを思い出す。自然の風景を失うとは、ただ自然を失うだけではないのだなあ。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

3 comments to...
“水切り遊び”
Avatar
小橋昭彦

Lyderic Bocquet」博士のサイトから、論文もダウンロードできます。世界記録の様子を知りたい場合は、「North American Stone Skipping Association」をどうぞ。


Avatar
生井 俊

小橋さん、おはようございます。
川に石を投げるあの遊び、水切りというのですね。初耳でした。
今勤めている高校には映画ライターの方がいて、
いろいろ映画の話も聞きたいのですが、
とにかく仕事が多く、それどころではないのです。
『アメリ』いいらしいですね。見たいです。
落ちがなく、すみません。


Avatar
55tea

いつも楽しく読ませていただいています。

『自然の風景を失うとは、ただ自然を失うだけではないのだなあ。 』

この言葉に非常に感銘を受けました。
名言ですね。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 前米大統領夫人が『リビング・ヒストリー』と題する回想録を出版したと聞いて、あらためて米国と日本の「歴史」観の違いを思う。多少題名としての装飾は入っているとしても、「ヒストリー」とは。日本でなら個人の歩みはあくまで回想録なり履歴であって、歴史は後世から見てのこと。 たまたま、上田信教授による『トラが語る中国史』を読んでいるところだった。副題に「エコロジカル・ヒストリーの可能性」とある。氏によれば、動植物とヒトとの関係を扱う歴史が、エコロジカル・ヒストリーだという。それをトラの視点から語るというアプローチがおもしろかった。ヘロドトスでも司馬遷でもヒラリー・クリントンでもなく、トラの観点。そういえばクリフォード・シマックに、人類が絶滅したはるか未来、あとを継いだ犬の視点から語る『都市』という傑作があった。もっとも、シマックが扱ったのも結局は人類の歴史。エコロジカル・ヒストリーは、トラとヒトの関わりが主題だ。 この書籍を手にしたのは、子どもの頃に読んだバイコフ『偉大なる王(ワン)』の印象が今も心の底に強く残っていたから。せっかくの機会なので、子ども向けの世界文学全集に入っていたこの話を、古い書棚から取り出して再読する。舞台はちょうど、人間が森林に侵出し、トラとの共生を壊しはじめる時代。幼いながらにも感じた、失われていくものへの寂寥感をあらたにする。 トラだけではない。タヌキやチョウの、あるいはブナやスギの視点からなら、歴史はどのように描かれるだろう。ただ人間が侵略するという物語にはなるまい。ドングリを拾いに入った人間がブナにとって最適の生態を作る一役を担っていたように、ヒトが破壊者でも保護者でもなく、自然の一部として描かれる時代があったはず。いや、それが過去形でしかないとは、思いたくない。

前の記事

 科学誌の特集に「並行宇宙は実在する」とあった。ちょうど「平行」宇宙が趣向となった山田正紀氏の『ミステリ・オペラ』を読み終えたところ。山田作品において平行宇宙は、エヴァレットの多世界解釈で説明される。 ものごとの状態を確率で描く量子力学。量子論的サイコロを振ったなら、結果は6つの目の可能性が重なった状態となる。観測者が観測するとき、6つの目のうち1つに収束すると考えるのが古典的解釈。エヴァレットは、観測者自身も確率でとらえようと唱えた。3の目が出たなら、それはたまたま3の目が出る世界にいただけのことで、3の目に収束したとは考えない。6つの目それぞれの世界が実在するととらえる。 こうした量子力学の多世界解釈から生じる並行宇宙は、じつは4つのレベルで考えられる並行宇宙のうち、レベル3だという。レベル1の並行宇宙はもっと単純で、ぼくたちが観測できる宇宙の外側に、別の宇宙があるとする。この考え方では、もっとも近いもうひとりの自分は、10の10の28乗メートル離れたところにいることになるそうだ。観測可能な宇宙は1年に1光年ずつ広がっているから、はるか未来に遠い子孫が、もうひとりのぼくを観測することが原理的にはありえる。天文学的以上にはるかな未来だけれど。 レベル2の並行宇宙になると、観測できる可能性はない。最新の宇宙論によれば、宇宙はかつて9つの空間次元があったとされている。うち3次元が観測できるようになったのが現在の宇宙で、別に4次元が観測できる宇宙などさまざまな宇宙が生まれた可能性がある。これがレベル2の並行宇宙。さらにレベル4の並行宇宙もあり、こうなると物理法則そのものが違っていると仮定される。 あまたの並行宇宙に、おそらくは無数にいる自分たち。だけどその中から、この宇宙に生きるのはたったひとり、この自分であることに変わりはない。雑誌から目をあげ、この世界をあらためて心に刻んだことだった。

次の記事