ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

チラリの誕生

2002年8月19日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 週刊誌の車内吊り広告に、有名人の下着がチラリと見えた写真掲載という見出しが大きく踊っていて、なんだかなあ、と苦笑してしまった。というのは、国際日本文化研究センターの井上章一助教授による『パンツが見える。』を読んだところだったから。
 かつて日本女性は、パンツをはいていなかった。1932年に起きた東京・日本橋の百貨店、白木屋の大火災がきっかけで履くようになったと俗に言う。同著は、それが間違いであることを実証的に指摘した、おそらくは初めての書籍だろう。この事件で亡くなった一人一人の死因が下から覗かれるのを避けようとしたためではなかったことを裏付けるとともに、事故後もズロース着用率があがっていないことを、新聞の論説から拾っている。
 井上助教授は、白木屋ズロース伝説の起源は、同百貨店の専務が火災の1週間後に発表したコメントにあると指摘している。詳細は同書に譲るとして、20世紀初頭までの女性が、道端で「立ち」小便をするなど、今の常識ほどは隠すことに抵抗感がなかったという指摘は新鮮だった。だいたい当時は、ズロースを履いていれば見えても恥ずかしくないという論調なのだ。
 では下着のチラリはいつから喜ばれるようになったのか。1955年封切、マリリン・モンロー『七年目の浮気』と同じ頃のようだが、あの映画の有名なシーンが社会的な影響を直接与えたわけではないらしい。1960年代にははや、男性誌に風の強い階段といった「名所」の特集が組まれている。それまでは風が吹いたらズロースだったと残念がる川柳さえあったのに、隠されれば見たがる男心、なんだかなあ、である。
 男性の下心が白木屋伝説を生んだという指摘は鋭い。歴史的考証という隠れ蓑のもとで、和服の裾の奥が見えたという猥談にこうじたのではというわけだ。そういえば、温泉街で見かける秘法館のアヤシゲな展示を民俗的ないしアート的に評価した展覧会が人気を呼んだそうだが、その裏にも、同じような心理があったかもしれない。井上助教授は自身の著書にもそういう面はあると自覚していて、それは、このコラムも逃れない。なんだかなあ、の今ひとつの理由でもある。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

3 comments to...
“チラリの誕生”
Avatar
小橋昭彦

書籍『パンツが見える。』はこちら。下着を扱った論文としては上野千鶴子さんの『スカートの下の劇場』が定番ですね。なお、下着関係はときどきコラムにしています。「したばき」「下着」など。


Avatar
馬場亮二

小橋 昭彦様へ
*NHKの変革を見せて頂きました。変革は必要で変化しなければ日本人が将来、残れないのではとも思いました。目の輝きを無くした物質依存症では感性も無くなるのでは無いかと思っています。
*何時も雑学の配信、ありがとう御座います。
雑学が無要の要に成る為に、駄洒落でなく、時々、
自然科学系の雑学もお願いしたいと期待しています。
                   禿山一夜。


Avatar
野崎 宏

4号分くらい未読ままで、そのなかからまず初めに読んでしまったのが、このタイトル。なんだかね、である。
恥ずかしさというのは、ほんとうに時代で移り変わっていくものです。この10年、20年でもおそらく随分変
わったように感じます。
何年か前に話題になって私も読んだ『逝きし世の面影』(渡辺 京二著)のなかにも、玄関前にたらいを据えて裸
で行水をするという事実が書かれていた。
羞恥心の歴史は、きっと真っ直ぐな線では表せない。やっぱり微妙な曲線じゃないとだめってことだろうか。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 このコラムへも、掲示板を通してさまざまなアドバイスをいただける。前回、脳はブドウ糖しかエネルギー源にできないという話題に発展したのも、掲示板がきっかけ。それに対してまた投稿があった。 確かに、脳は平常時にはブドウ糖しかエネルギー源にできないのだけれど、飢餓に陥ってブドウ糖が供給不能になったとき、脂肪を分解したときにできるケトン体という物質を利用するようになるのだ。脂肪がまったく脳の役に立たないわけではなかったのである。一歩ふみこんで調べよとの戒めだろう。 学びつつ書くことを旨とするこのコラムでは、芋づる式に調べを進めたり、違う話題が組み合わさって発想が生まれる瞬間を重視している。今回も、ケトン体からどこに話が広がるかと楽しみつつ裏づけをとった。空腹感とは、胃袋が空の状態というより脳が糖質を欲しがっている状態だ、と知る。身体と脳の、不思議な関係。 そんな朝、新聞の「ひと」欄で鳥取大学の井上貴央教授の紹介に出会ったのだった。約1800年前の、弥生時代後期の脳を発見した人である。鳥取県の青谷上寺地(あおやかみじち)遺跡で見つかった男女3体。国内最古、世界でも有数の古い脳という。彼のひとこととして「脳から弥生の記憶を引き出せないかなあ」とあって、ぶんっと頬をたたかれた気持ちになった。 人類最古のトゥーマイ猿人化石の話からはじまって「出アフリカ」時のヒトの脳、現代人の脳へと話をつなぎつつ、なんだか機能的な、物質的な面にばかり気をとられていた。それはそれで重要なアプローチだとしても、それらの化石が、かつては実際に生きて、この地上にあったという想像力を、いつしか欠いてしまっていた。想像力こそ、脳にできる最高の活動のひとつと信じていたのに。 ちなみに、青谷上寺地遺跡から見つかった弥生人骨は、戦闘のあとが残っていることでも注目を集めた。彼らの記憶を再生したとして、必ずしもすてきな光景とは限らない。しかし、それはそれで、脳重量やケトン体とは別の意味で、われわれにたいせつな何かを教えてくれる。1800年という時間の中で、われわれは何を学んできたか。 本日、終戦記念日。

前の記事

 オンラインショップの店長さんたちを対象に文章を書くときに気をつけていることを話してくれという依頼があった。当日までの宿題として、好きな食べ物について800字で書くことをお願いする。好きなものについてなら書きやすいし、自分と対象の距離を測る練習にもなるだろうと思ったわけである。なんのことはない、『翻訳夜話』で村上春樹氏のいう「カキフライ理論」の受け売りだが。 自分も同じ宿題をこなそうと考えていて、最初に思いついたのがシュークリームだった。特売でよく見かける、パックに入ったプチシュー。味は大きいシュークリームが勝るのに、なぜなのか。 いっしょに布団と水枕が思い浮かんだから理由はわかっている。しばしば高熱にふせった幼い頃、病床のぼくに祖母がよく買ってきてくれたのがプチシューだったのだ。田舎育ちのぼくにとっては、ふだん口にすることのない、ちょっと高級感のあるお菓子。元気をなくしている孫にという祖母の優しさだったのだろう。 熱が下がった上体を布団から起こして、そっと口を開く、その大きさにプチシューはほどよく合った。かしゅっとここちよい歯ざわりとともに、甘いクリームが口の中に広がる、そこにしあわせが凝縮しているような気持ちになった。 シューというのはフランス語でキャベツの意という。アンリ二世に嫁いだイタリア・メディチ家のカトリーヌ・ド・メディシスおつきの菓子職人がフランスに持ち込んだとされる。彼女がフランスに伝えたとされるものは他にも多く、フォークなどの食器も彼女が持ち込んだといわれるから、食文化そのまま、嫁いだわけだ。 調べてみるとこのプチシュー、婦人方が食べるときに口元を汚さないために小さく作られたという。エクレア、スワンシュー、サントノーレ、クロカンブッシュ。工夫を加えられ、シュークリームにはさまざまな変形が生まれている。最近は大きくてしっかりした味が人気だが、あの大きすぎも小さすぎもしない、一口サイズのプチシューこそ自分のしあわせ感にあっている、そんな気がする。

次の記事