ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

うそ

2001年11月18日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 法政大学の原田悦子教授らのグループが行ったユニークな実験が新聞に紹介されていた。「中学生が学校のガラスをボールで割る」などのビデオを見せ、起きたことを証言してもらう実験だ。ただし「禁止されているボール遊びをしていた」など事実の一部は言わないように依頼しておく。
 対象は大学生24人と65歳以上の12人。事実の一部を言わないように依頼しているから、証言につじつまの合わないところが出てきたりもする。それを指摘したときの反応なども比較した。
 すると、大学生はガラスの割れた理由をすりかえるなど積極的なうそが92回あり、ほかにもあいまいにごまかすなど逃げの姿勢が目立った一方、高齢者は真実を明かした例が44回と多かったうえ、積極的にごまかす回数は少なかった。
 うそも方便、という言葉を思い出す。方便というのは仏教用語で、法便とも書く。衆生を真の教えに導くために用いる、便宜的な手段のことだ。考えてみれば、方便のない毎日なんてないわけで、ぼくたちは相手に喜んでもらうために当初の考えを曲げたり、よりよい結果を目指すために相手にわざと厳しくあたったり、さまざまな関係を周囲との間に築いている。
 実験の結果から、高齢者の方が正直だと分析するか、事実の一部を隠してほしいという依頼を守れなかったので不誠実と考えるか、とらえかたはいろいろあるだろう。起こった事実に創造を加える柔軟さの差なのかもしれないし、つきつめられたときに耐える体力の差かもしれない。
 ついでにと思って精神科医ペックによる『平気でうそをつく人たち』に目を通す。そこには一見正しそうな嘘をそれと気づかず口にし、他人を傷つける病んだ人たちの事例が並び、深く考えさせられた。
 ぼく自身、うそをつかないかというと、たぶん、ついている。子どもにサンタクロースを信じさせることだって、うそだし。ただ、うそはついても、人をだますことはない。ないと思うが、じつはそんなごく普通の人間が邪悪であったりするとペックは指摘する。真実と事実と誠実と。ぼくたちはいろいろな実(まこと)の間を生きている。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

6 comments to...
“うそ”
Avatar
小橋昭彦

平気でうそをつく人たち』はこちら、Amazon.co.jpで購入できます。なお、原田教授の実験については、11月9日朝日新聞より拾いました。


Avatar
箭内克俊

中国の笑話:笑府から
「こも」
貧乏な一家、「こも」をかぶって寝る。
子供は正直なもので、平気でそれを人前でいうので、おやじが鞭でたたいて、
「これから人にきかれたら、夜具だというんだぞ」
ときつくいいふくめる。
ある日、親父が来客に会うのに、こもの、藁くずをくっつけたまま出て行こうとするので、息子、うしろから呼び止めて、
「ちょっと、顔の夜具を払いなさい」


Avatar
けんじ

 仕事のうそ、男女のうそ、生活のうそ、考えたら色々なうそとつきあってる。せめて私生活の自分にはうそをつきたくないと思いがんばる、けどうそをつかないようにがんばらなければならないのが悲しい。やっぱり真実はつらくて厳しいからうそでもついて紛らわす。
 だからうそをつく人がみな邪悪であるなどとは考えたくない。だって人間の本質だと思うか。

ps.
歌にも多いですよね「うそ」を題材にしたもの。


Avatar
にゃ

小林さんのコラムにも指摘のとおり、研究論文の原文を見ないとなんともいえませんが、この実験結果の判定にはいささかの疑問があります。「依頼」に対して誠実だった若者を「平気で嘘をつく」と表現してしまわれているのではないか。「いまどきの若者を批判したい誰かが」欲しい結果になるように操作された実験だったのでないか。など。研究者に対しても不信を抱かざるを得ない表現ですよね。マスコミに対する信用度も、読む側の注意力も問われる生地だったと思います。


Avatar
にゃ

訂正シール発動
「生地」→「記事」
とほほほ。


Avatar
第三市民

うそかまことか真剣に悩んだことはありますか?

子供の頃、親の言うことをきかないと「お前は橋の下に捨てられていたのを拾ってきた他所の子だ」とよく言われました。
母方の祖父母は私をとても可愛がってくれましたから、母の実家に入り浸っていましたが、そこでも悪戯をしたり我儘放題をすると大人達から同じことを言われました。
さあ大変です。橋といえば当時江戸川と呼ばれていた神田川の石切橋あたりの小さな橋しか思い当たりませんから、おそるおそる覗きに行きました。でも水がどんどん流れていて、とても幼い子供がしがみつけるような場所が見当たりません。でも、その真贋は未だに確認していません。祖父母も叔母も亡くなって、後は両親に尋ねるしかありませんが、還暦まじかになっても恐ろしくてとても確かめる勇気はありません。

自分の子供には「この手」は使いませんでした。それほど恐ろしい「本当の話」です。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 昨日、来春からの田舎へのUターンとまちづくり活動の案内をさせていただいたところ、ほんとうに多くの方から励ましのメールをいただいた。返事は書ききれないけれど、ほんとに、ほんとに感謝しています。 人間にとって、励ましの意味は大きい。たとえば、健康のために毎日少しでも運動をすることがいいことはわかっていても、なかなかそんな時間がとれない。エスカレーターをやめて階段をのぼれば少しでも違うけれど、それさえできない。そんなとき、ほんの少しの励ましの言葉があれば、人間の行動は変わるのだという。 調査をしたのは、英国バーミンハム大学のスポーツ心理学者イブス教授ら。階段とエスカレーターが並んでいるショッピングセンター内で、ポスターを貼って実験したのだ。ポスターは段と段の間の縦面に横長のものを貼る。のぼり始めのところには、「毎日運動を」「健康を保とう」「足を使おう」といった標語がかかれている。そして、のぼり終わったところには「ご苦労さま!」。 それだけのことなのだけれど、ふだんは1割あるかどうかという階段を使う人が、この標語を掲示したところ、ほぼ倍増したのだ。効果はポスターをはがした後も継続し、3カ月たっても、当初の比率より多くの人が階段を使っていたという。 ちなみに、60歳未満の男女では、女性はポスターが掲示されて3カ月もすれば飽きてくるのかまたエスカレーターを使う人が増えるのに、男性は継続して効果があった。男性の方が信念がかたいのかどうか。まあ、操縦されやすいともいえるけれども。

前の記事

 子どもが通う児童館の誕生パーティにきんとんを作っていくことになり、生協にくちなしを買いにいく。黄色をつけるのに欠かせない。ということはくちなしも食品添加物かと思い、調べてみると確かにクチナシ色素として厚生労働省の添加物リストにある。 食品添加物を役割で分けるなら、クチナシ色素のような着色料や香料、甘味料など食品の魅力を増すもののほかに、ビタミンのような栄養成分を補充するもの、保存料のように食品の変質を防ぐもの、そして豆腐に使われる消泡剤のように食品の製造加工に必要なものに分類できる。 食品衛生法上は、化学合成品、くちなしのような天然添加物、天然香料、果汁などの一般飲食物添加物に分類されている。100倍の安全率をみて一日摂取許容量が決められているそうだけれど、これは動物実験で安全確認するとして、動物と人間の差を10倍、さらに老人や小児といった個人差を10倍みているということだそうだ。動物・人間の差と、人間の個人差を同じ倍率で設定しているとは今回はじめて知った。 大手コンビニエンスストアが保存料・合成着色料完全排除商品を打ち出したことに対して、食品添加物への不用意な不安をあおると苦言が出ているとも聞く。論争に対する消費者団体に属する人のコメントが紹介されていて、いわく、自分たちが知りたいのは何が加えられているかという正確な情報であり、無添加をことさら強調してもらいたいとは考えていないと。 そういえば、食品に限らず、自分たちの眼にするものが何から構成され、どのような過程でそこにあるのか、わかりにくい世の中ではあるなと考えたことであった。

次の記事