ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

おとぎばなし

2001年7月03日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 日本の五大昔話、あるいは五大お伽噺といえば、桃太郎、花咲爺、舌切雀、猿蟹合戦、かちかち山とされている。誰が定義したのかは調べがつかなかった。いずれも江戸時代から語り継がれてきた人気のある話だ。
 なかでも桃太郎は、英雄譚としても楽しく、人気が高い。発祥の地として知られているのは岡山。もっとも、全国には桃太郎伝説の発祥地とされる地がニ十数カ所あって、伝わる話は、土地によって細部が少しずつ違う。
 たとえば岡山の場合は、吉備津彦が鬼ノ城にこもった温羅(うら)という鬼を退治する話がもとになっている。「どんぶらこどんぶらこ」で始まるおなじみの話に近いのは愛知県犬山市の桃太郎。香川県高松市に残る桃太郎はおばあさんではなくきれいな娘が川で洗濯している。
 どこがほんとうの発祥か、というより、日本全国にこうしていろいろな桃太郎が存在した、というのが楽しい。自分の子どもに桃太郎を語り伝える、彼にとっての桃太郎の発祥はここ、親子の間にある。それで充分だし、それこそが桃太郎のいのち。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

8 comments to...
“おとぎばなし”
Avatar
小橋昭彦

桃太郎。とりあえずは一宮「ももネット」へ。


Avatar
小橋昭彦

今日の没ネタ。元禄時代、妻から夫への三くだり半も(神戸6月16日)。枕草子の時代からの知的な楽しみ「○○づくし」(神戸6月15日)。


Avatar
Peet

浦島太郎は5大おとぎ話には入らないのかなあ?
最も心に残っている話なんだけど・・・??


Avatar
河上義之

暑い日が続く愛媛県からです。
ほんと、日本には色々な伝承があり、旅したときの思い出にもなりますよね。
ところで、それらの多くは、正義の味方は権力者の側で、鬼なんかの悪者とされるものの多くは、地方の民であることが多いと思います。 地方への侵略行為を、中央の政府が正当化しようとして創られたものが多く、そういうことを知ってしまうと、鬼の味方もしたくなったりします。 鬼の中にもいい鬼もいたんだろうに・・・。


Avatar
小橋昭彦

ぼくも浦島太郎は、なんて考えちゃったんですが、調べていくと、どうも浦島太郎は昔話より伝説という文脈で紹介されます。百科事典には、古典文学のひとつ、なんて説明も。「むかーしむかーし」と口承されてきた昔話とは違う伝わり方をしてきたということかな、と判断しました。竹取物語に近いっていうか。

ごめんなさい、これは現段階でのぼくなりの理解です。


Avatar
吾妻

鬼というと赤鬼が最初に浮かびますが、赤鬼というのは天然痘によって体中が赤くなるのを忌んでできたという説があるそうです。
隼人や蝦夷の征討をそのような物語にして正当化していったものもあれば、庶民の病魔への恐怖からできたきた話もあるといったところでしょうか。


Avatar
こま

浦島太郎の話が出て、思い出したことがあります。

いつだったか随分前ですが、
浦島太郎伝説は本州の人間が琉球という当時の異国に行った話だというのをテレビで観たことがあります。
そういえば乙姫様の衣裳は中国風だし、
竜宮城の門は琉球や中国に似ているし、
海亀が連れて行ってくれたのだから
海の向こうの島(または大陸)の可能性大。
番組は結構納得できるつくりでした。

ところで、小田急線の片瀬江ノ島駅は
竜宮城をイメージして作ったそうですが、
変な建物で記憶に残ります。
建てかえても、子供の頃からずっとあのデザインだったな...

桃がおいしい季節になりましたね。
それで桃太郎?


Avatar
加山雄三の二の腕

otgibanasidaisuki




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 みずからの意の如く伸縮する如意棒。伸びろ、孫悟空の一声で耳から出てきたそれは、天に届くほどにも巨大化する。 清時代、皇帝もまた如意を持っていた。もっともこちらは意の如く大きくなったりはしない。金メッキをし、豪華な彫り物をし、翡翠(ひすい)をはめ込んだりもして。豪華なものほど優れている。つまりは世の中を意の如く操っているという象徴だったか。 如意は仏具のひとつにもある。棒状でなだらかな形をしており、先端が広がっている。要するに孫の手だ。説法等の儀式のときに用いられるが、もともとは日用品で、手の届かないかゆいところも思い通りにかけるところからきたともいう。 世の中が意のままになればいいのにと空想していたのは十代の半ば頃までだったか。いまでは如意棒があっても使わない。思い通りになる世界なんてつまらない。思うにまかせないなかを、少しずつ切りひらいていくことに楽しさを感じている。 やりきれない事件や事故があったときは世を動かしたいと思わないでもない。だけどふだんは、せいぜい背中をかける如意で充分。達観したのか、人間が小さくなったのか。いや、きっといまが恵まれているのだ。あなたに、ありがとう。

前の記事

 おとぎ話の起源をたどっていて、舌切雀伝説発祥の地として売り出している群馬県の磯部温泉が、温泉記号の起源であることを知る。1661年のこと、付近の農民の土地争いに決着をつけるために江戸幕府から出された評決文の添付図に、磯部温泉を記した温泉マークがふたつ描かれていたという。地図記号の中でも起源が古いもののひとつだろう。 さらに古いといえば、寺院を表す卍(まんじ)だろうか。そのルーツは古代インドにさかのぼる。インドの神ビシュヌの胸にある旋毛が起源という説もあるけれど、実際にはさらに古いらしい。 地図記号の多くは現物のものを抽象化し、わかりやすい工夫をされている。それでも、そろばんの玉の形をもとにした税務署や、火消しが使った「さすまた」を表している消防署、天秤計りの分銅の形の銀行などは、そのうち起源が忘れられていくかもしれない。 地図記号に限らず、ぼくたちは長い歴史の中でさまざまな記号を創造し、伝えてきた。あるものは忘れられ、あるものは形を残す。遺跡に遺された絵や記号を見ては、それを描いた人について思いをめぐらす。そこに確かに、誰かに何かを伝えようとした人が、いたのだと。

次の記事