ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア

如意

2001年7月02日 【コラム
Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

 みずからの意の如く伸縮する如意棒。伸びろ、孫悟空の一声で耳から出てきたそれは、天に届くほどにも巨大化する。
 清時代、皇帝もまた如意を持っていた。もっともこちらは意の如く大きくなったりはしない。金メッキをし、豪華な彫り物をし、翡翠(ひすい)をはめ込んだりもして。豪華なものほど優れている。つまりは世の中を意の如く操っているという象徴だったか。
 如意は仏具のひとつにもある。棒状でなだらかな形をしており、先端が広がっている。要するに孫の手だ。説法等の儀式のときに用いられるが、もともとは日用品で、手の届かないかゆいところも思い通りにかけるところからきたともいう。
 世の中が意のままになればいいのにと空想していたのは十代の半ば頃までだったか。いまでは如意棒があっても使わない。思い通りになる世界なんてつまらない。思うにまかせないなかを、少しずつ切りひらいていくことに楽しさを感じている。
 やりきれない事件や事故があったときは世を動かしたいと思わないでもない。だけどふだんは、せいぜい背中をかける如意で充分。達観したのか、人間が小さくなったのか。いや、きっといまが恵まれているのだ。あなたに、ありがとう。

Share...Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

One comment to...
“如意”
Avatar
小橋昭彦

[2001.07.02]
今日の没ネタ。宇宙誕生から約8億年後の、もっとも遠い天体発見(日経6月6日)。おみくじが生えたり声に応答したり、変わり植物人気(日経6月2日)。




required



required - won't be displayed


Your Comment:

 ペルシア語を学んでいた。ペルシア語のアルファベットは、アラビア語などと同様の、右から左に書く、人に言わせれば「ミミズのような」文字である。一連のつづりの頭に来るか途中にあるか最後にあるかで文字の形が違う。そんな文字で自分の名前を書いてみる。なんだか楽しいものだった。 同じ楽しさに、アイコン的なかわいさがあるからだろう、このところトンパ文字が人気だ。中国雲南省の納西(ナシ)族の間で現在も使われている、世界唯一の生きている象形文字。月や衣、鳥といった単語はそのままひとつの絵として意味が類推できるし、立つとか寝るといった動詞も、人の形がその動きをとっている様子をあらわしている。これらを並べることで、文章を作る。 象形文字といえばすぐに思い出すのは古代エジプトのヒエログリフ。もっとも、ヒエログリフの場合は表意文字というよりも、表音文字としての性質のほうが強い。子音しかないというものの、アルファベットのように使えるので、自分の名前をヒエログリフで、なんてこともできるわけだ。 ちなみに、ヒエログリフの読み方は、人などの顔が向いている方向から読み始める。つまり、右からでも左からでも書ける。 世界の文字に目を向けていると、ときどき、ふと、

前の記事

 日本の五大昔話、あるいは五大お伽噺といえば、桃太郎、花咲爺、舌切雀、猿蟹合戦、かちかち山とされている。誰が定義したのかは調べがつかなかった。いずれも江戸時代から語り継がれてきた人気のある話だ。 なかでも桃太郎は、英雄譚としても楽しく、人気が高い。発祥の地として知られているのは岡山。もっとも、全国には桃太郎伝説の発祥地とされる地がニ十数カ所あって、伝わる話は、土地によって細部が少しずつ違う。 たとえば岡山の場合は、吉備津彦が鬼ノ城にこもった温羅(うら)という鬼を退治する話がもとになっている。「どんぶらこどんぶらこ」で始まるおなじみの話に近いのは愛知県犬山市の桃太郎。香川県高松市に残る桃太郎はおばあさんではなくきれいな娘が川で洗濯している。 どこがほんとうの発祥か、というより、日本全国にこうしていろいろな桃太郎が存在した、というのが楽しい。自分の子どもに桃太郎を語り伝える、彼にとっての桃太郎の発祥はここ、親子の間にある。それで充分だし、それこそが桃太郎のいのち。

次の記事