ざつがく・どっと・こむ
ちょっと知的な雑学&トリビア
雑学な本棚の記事一覧

夢に迷う脳―夜ごと心はどこへ行く?

2月 1st 2008

 アラン・ホブソンといえば、夢研究の第一人者。「夢の科学 (ブルーバックス)」の著者でもあり、これはすごくおもしろい本だった。  夢というと、「空を飛ぶのは何の象徴」といった夢判断的な考え方がまだ幅をきかせているのじゃな […]

No Comments

迷惑な進化―病気の遺伝子はどこから来たのか

1月 20th 2008

 たとえば糖尿病は、環境要因だけで発病するものではない。発病に関与する遺伝子を持っていることが前提とされる。  じゃあ、なぜそんな遺伝子を人類は持っているのか。  それを問うのが、本書の副題だ。ダーウィン進化論に基づくな […]

3 Comments

大冒険時代―世界が驚異に満ちていたころ50の傑作探検記

1月 11th 2008

 探検記。  なんて懐かしい響きだろう。  子どもの頃、いくつもの冒険談を読んだ。  砂漠で喉の渇きにおそわれ、ようやっと見つけた水辺で長靴に水を汲み、ごくごく飲んだ風景は、記憶の底にずっと残っている。  あれが誰の冒険 […]

2 Comments

第三の脳―皮膚から考える命、こころ、世界

12月 28th 2007

 そもそも皮膚と脳は同じ生まれなんだってね。  受精卵が最初にとる構造が、外胚葉、中胚葉、内胚葉っていう三層構造。  外胚葉はそのまま皮膚になっていくわけだけど、受精から3週間ほどした頃、外胚葉に溝が出来る。外胚葉が中胚 […]

2 Comments

変な学術研究 1―光るウサギ、火星人のおなら、叫ぶ冷蔵庫

12月 21st 2007

 換喩といえばいいだろうか。「光るウサギ」「火星人のおなら」「叫ぶ冷蔵庫」いずれも、本書の中に収められた一篇だ。  それぞれの話は、まじめな学術論文に基づいている。でも、「イグ・ノーベル賞」にとりあげられる研究のように、 […]

2 Comments

エレクトリックな科学革命―いかにして電気が見出され、現代を拓いたか

12月 19th 2007

 いかにして電気が見出され、現代を拓いたか。  オーケー、問われているのは二つ。  問1。いかにして電気が見出されたか。答。1830年前後、未開の州ニューヨークの、そのまた僻地に暮らしていたジョセフ・ヘンリーによって(も […]

No Comments

名画の言い分―数百年の時を超えて、今、解き明かされる「秘められたメッセージ」

12月 13th 2007

 この副題には嘘がある。いや、本当なのだけれど、それはやはり嘘だ。  秘められたメッセージというと、みんな暗号を思い浮かべるんじゃないだろうか。ほら、『ダ・ヴィンチ・コード』でやっていたような、名画にこめられた謎、といっ […]

No Comments